So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ITIL(その1 [IT用語]

・・・試験勉強は辛い。。
楽しくやらねばな。諸君

======
IT Infrastructure Library
IT 社会的生産基盤 図書
ITサービスマネジメントのデファクトスタンダード(事実上の標準)
なんだと。
生まれはまたしても英国。ISMSなんかと生まれは同じ。えげれす野郎はこんなの好きだねぇ。。
(たいした産業ないからな。きまりとか、ほけんとか大好きなわけ。
 あと、サッカー(だけ)は認めてやる。

英国のCCTA(*2)により「ITIL V1(Version 1)」が制定され、当初は40冊!
程度の書籍で構成されていた。
40冊読む気ねぇよ。(1980年代後半)

21世紀にはいってから統合化が(そりゃそうだ

「ITIL V2(Version 2)」では副読本のソフトウェアアセットマネジメントを含む
9冊のITIL書籍に集約(それでも9冊かよ

図書→
赤本:サービスデリバリー
青本:サービスサポート

(なにがしたいんだ。これは。←おまえは何をいってるんだ。
つまり・・

ITサービスマネジメントのベストプラクティス向上を目的とした(←また、カタカナ外来語がぁ
(つまり、「教本」かね。

いらいらしてきたので「朱色会的表現で書いてみる」

つまりだな。。。

ーーーーーー
蛇口をひねれば飲める水が出るように、
スイッチをおせば確実に電灯がつくように
うんこは確実に流れるように

マウスをクリックしたりキーボードをたたけば
必要な情報が手に入るように情報サービスを提供する世紀となった

人は、これらをインフラと呼ぶ。そう、情報は第4のライフラインなのだ。
(ま、情報なくても人は死なんがな。(←どうかな。
えげれすじんは、インフラストラクチャーって略さずにいう。

水・電気(あとなんだっけ?ガス・道路?
と同様に
「情報」を的確に、そして納得感のあるコスト(金だけじゃないぞ~
で人々(ユーザ)に供しなければならならんのだこれで飯を食ってる
われわれはなーーーーつまり↓

その、方法・構築の基準を書いている南蛮渡来の「九輪書」。

・・・ということになる。(外れてないとおもうが

(Web解説を読んでいると頭(目)がおかしくなるよ。カタカナが多くてな

さてと。。。

じゃ、そのインフラストラクチャーってやつを「一枚の絵」にすると
bit070704itil02.jpg

うぐぐぐう・・確かに9つ箱があるが・・
・・・なにがしたいんだァァァアア
いや、言い直しちゃおう。
なにがしたいんじゃああああああああアアアアア

もともとこういう佇まい日本に定着したことがない。(工事進行基準も定着せんぞ。
なぜかというと原ジャパンは鬼畜米英とはちがうのじゃああああ
(きまりで動いてるんじゃねえんだよこの国は。


いつまでプリンスオブウェールズ(とレパレス)を撃沈された恨みをもっとるんだこの国はッ
ねちねちねちと・・・もうねようかなお湯入って。

と、思ったがもうすこしやるか・しかたね。

it(i)l
括弧のiを忘れなきゃ一枚くらい書けるべ。

インフラ。

やっぱり、武蔵どんの5冊のほうが、しっくりくるよね日本男児として

(風呂入ってきます。今日は、材料だしで終わるか。。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事